2019冬

【深夜ドラマ・新しい王様】2ndseason 第6話 感想とネタバレ

新しい王様ネタバレ

新しい王様、2ndseasonの第6話をご紹介します。
アキバと越中は着実に
TOBの準備を進めていきます。
中央テレビ首脳陣は
いよいよ打つ手がなくなり、
歩み寄ってきます。
エイリは、ドラマが大ヒット!
一躍有名になっていきます。
一方でコウシロウは、
地検につかまり、ちょっとヤバいかも。
話の展開が読めなくなってきて、
ますます面白くなりました。

先週のあらすじ

■中央テレビが攻勢に。
新ドラマと有名作家の
未公開脚本のドラマ化で株価が上がります。
■パトリオットからの提案
一方で中央テレビを見限った
大手プロダクション・パトリオットが
アキバ達に条件付きで株の売買を提案しました。
■地検に捕まるコウシロウ。

あわせて読みたい
【深夜ドラマ・新しい王様】第5話・あらすじをダイジェストで深夜ドラマ・新しい王様の第5話をダイジェストでお伝えします! 少しずつ中央テレビ買収に向けて、地盤が固まってきました。 アキバは相変...

 

今週のあらすじ

■パトリオットとの話は白紙に。
アキバが社長をぶった切りしちゃって
社長が即断。株の売買は無かったことに。
■コウシロウは地検で10時間拘束されます。
 アキバ・越中の悪事をバラせと言われますが
何も言わないコウシロウ。
(よくわかっていないから言えない?)
■エイリのドラマは視聴率18.8%に。
 エイリは、中央テレビの救世主!?
しかし、エイリを陥れようとする
パトリオットによってセクシーパブで
働いていたことがばれてしまいました。

感想

次回に向けての大事な一話だったと思います。
後で書きますが、来週からまた
ガラッと物語の流れが変わって
最期までハラハラする展開になりそうです。

このドラマでは、
結構キャラクターのセリフに
グサッとくるものがあるのですが、
今回は、中央テレビの
凄腕ジャーナリスト・サコダのセリフが印象的でした。
中央テレビを守る為の、下らない仕事が多いので、
会社を辞めることにしたサコダ。
会社員だから、業務命令には逆らえない。
仕事は与えられるものではない、自分で探し出すもの。
だからこそ、
本当に面白いものを追いかけるべき。
ではないと、ジャーナリストになった意味がない
といって、中央テレビを去ります。

サラリーマンだからって
受け身で仕事をしていては、
そりゃ面白くもない仕事もふってきますよね。
そうならないためには、
自分の面白いものを、自分で貫く。
そのためにはどうすればいいか考えるべきです。
アキバのファンになったというサコダ。
会社を辞めてはしまいましたが、
ジャーナリストとしての腕と矜持は持っているようです。
今後、どのように物語に絡んでくるのでしょうか。。。

来週以降の展開は??

予告編でざっくり出てきた
今後の展開が非常に、面白かったのでご紹介します。

■越中が裏切り?
中央テレビ株を売ると言い出した越中。
高値で吊り上がった株を売ってしまえば、
大儲けできるわけです。
越中は、最初から海上カジノのことしか
頭になかったのかもしれませんね。

■本物のドラマ脚本が見つかる?!
■エイリがピンチになる?!

中央テレビにとっては追い風となる動き。
このまま、TOBは失敗となるのか?!

■サコダが暴露本を出す?!
中央テレビの腐敗っぷりを
サコダが本にするようです。
果たして、これはアキバにとってプラスとなるのか?

これは、来週も見逃せないですね!