2019冬

【新しい王様・ドラマ】Season2・第1話のネタバレ Paraviでも安定の面白さ

地上波での放映が終わってしまいましたが、おすすめできる面白いドラマは追いかけていきたいと思います!Paraviに移っても安定の面白さです!登場人物も増えて、よりストーリーが深くなったようにも感じます。Season2も引き続きダイジェストでお送りしてまいります。もし、気になった方は、ぜひParaviで見ていただければと思います。
全9話
なので初月は無料。おそらく2か月目までには完結するのではないでしょうか?
月々925円ですし、他にも面白いドラマが見られますし、良い買い物かと思いますよ♪

【第1部のあらすじはこちらから】

【他にもあります!おすすめ深夜ドラマ2019年冬】

行方不明だったエイリは?

エイリは、桜島に説得され、女優になろうとしていました

桜島は、さっそく女優としてPR活動に連れていきますが、相手にされず。

しかし、たくましさには定評があるエイリ。

このくらいでへこたれる女の子ではないでしょう。

規模を拡大しまくるコウシロウだが。。。

コウシロウは、美女の派遣ビジネスがどんどん拡大。

ただし、経費がかさんできて、社員にも不満が出てきています。

多分、中央テレビ株で何とかすると考えているのでしょうが

事前にアキバに話を聞いてしまい

インサイダー取引になるってことになって、ちょっとビビっています。

っていうか実際にアウトです。

多分このコウシロウの行動が最後の最後で効いてくるんだろうなぁと予想します。

中央テレビは、ことなかれ主義。中の人たちは、、、

社長は、銀行や証券会社の人の話を真に受け、

買収対策に株価を上げようと、上層部の連中に宣言します。

取り巻きの幹部は、それに従い、全体的に視聴率を上げるよう現場に指示します。

ということで矛先はまず、連続ドラマで視聴率を上げることに。

(けど、政治的に女優Aはドラマに出してしまう)

ドラマ制作部の一部は、芸能事務所の言いなりのキャスティングに不満をもっています。

虎の子の新ドラマ・”ラブストップ”にも芸能事務所に言いなりのキャスティングに

我慢できなくなり、とうとう元ドラマ部部長の麻布を立てて独立しようとけしかける者も。

しかし麻布は、中央テレビが好きな人なので、やんわり断ります。

株を買いまくる、越中とアキバ

越中は、海中カジノの方がうまくいっていないため

ちょっと不安が残りながらの買収作業続行です。

アキバも相変わらずゆるーい感じで買収。お互い10%になりつつあり、合計で20%。

焦る、中央テレビの社長たち。

アキバ達が、20%近く買い占めていることを知り、中央テレビの社長たちは焦りまくります。視聴率作戦は止めて、越中とアキバのスキャンダルを狙うことに。

越中は慣れているのか、女の子と飲みに行ってもキスもせず、スキを見せません。

アキバは相変わらずの生活スタイルで、テレビ局につきまとわれても動じません。

(むしろサイの乱獲に心を痛めている。)

感想

ネットとテレビの融合、ネットとTVが融合して最強のメディアになる。

アキバが目指しているのは、その部分で何かが起こること、起こすことを目指しているのでしょう。コウシロウの動きが怪しいですね。コウシロウの会社は越中が出資しているのでその会社がインサイダーやっているとなると。。。

これが最後にどうなるのか。見ものです。