2019冬

【深夜ドラマ・新しい王様】第4話・あらすじ・感想・ちょっとネタバレ

新しい王様ネタバレ

この記事は、2019年冬・おすすめ深夜ドラマの新しい王様の第4話のあらすじと感想について述べます。テレビ局側の動き、キーパーソンっぽかった財田さんの訃報により、物語が進みます。

他の深夜ドラマも気になる方はこちら

越中からの投資の話に戸惑うエイリ

エイリ(武田玲奈)を紹介したおかげで、コウシロウ(杉野遥亮)は、越中(香川照之)からの資金援助を受けられることになりました。しかし、融資と投資の違いがいまいちわかってないコウシロウ?にアキバ(藤原竜也)は融資と投資の違いをレクチャーします。投資は、投資家に利益を還元しないといけない。エイリは越中に投資されても、今の自分は、何も還元できないと考えます。

財田さんがお亡くなりに。。。

鋼鉄のグランパ・財田さんが亡くなり、アキバはお葬式から新しいビジネスのアイデアを得ます。金持ちの年寄りにとっては、1日も長くいきたいはず。逆に若い人たちは、1日の価値がそこまで高くないはず。そのギャップを狙ったビジネスを思いついたようです。大学の先生っぽい人にも、何かアドバイスをもらった様子。これは、今後寿命を使ったビジネスを立ち上げるのか?

中央テレビの動きも少しずつ動き出す。

中央テレビでは、次期の権力をめぐって水面下のバトルが始まっているようです。ドラマ畑でお偉いさんまで上り詰めた麻布(石黒賢)は、桜島(モロ師岡)も一目置く、中央テレビ・ドラマ部門の良心のような人だったようです。
しかし、権力闘争に巻き込まれて、ドラマとは関係のない部署に異動になってしまうようです。それをしったアカツカサは、うまく立ち回ろうと根回しに動いているようです。

投資を受けるエイリ

コウシロウが、謎の美女・サオリ(泉 里香)と仲良くなっていく中、越中は、コウシロウを使ってエイリを呼び出します。借金のことなどを考えて意を決して越中に投資を受けることを決めたエイリ。越中は、もともといた愛人?にも手切れ金を渡して、エイリを愛人にする気満々です。

アサクサの誕生日

越中は、アサクサさんの誕生日パーティを主催しました。場を盛り上げまくる越中。越中はこういった才能も持っているんですねー。しかしそこにアキバが現れて?!寿命を使ったビジネスの話をするのですが。。。

感想

財田さんのお葬式から、ビジネスのアイデアを得たアキバですが、アキバさんは未だTVの買収には興味がないようです。そもそも買収といったことには興味がなさそうですが。少しずつ中央TVの話も混ざってきだしたので、エイリの売り出しなどと絡めて展開していくのかなーと思っています。