2019冬

【深夜ドラマ・新しい王様】第3話のあらすじ・感想・ネタバレ・エイリに投資する越中

今回の記事では、2019年冬の深夜ドラマ新しい王様のあらすじとネタバレをお話しします。エイリ(武田玲奈)に興味を持った越中(香川照之)が、アプローチしていくのを中心に話が進みます。

他の深夜ドラマも気になる方はこちら

東京に来てやってみたかった3つのこと

君に投資したいと申し出た越中に、エイリは断りながらも、エイリが東京に来てやってみたかった3つのことを話します。

・かわいい制服着たバイト
・おいしいパンケーキを食べる
・回らないお寿司

越中が、パンケーキなんて簡単に食べられるじゃないか?!と軽く答えますが、いつも行列の大人気店で、エイリにとってはなかなか手が届くものではないようです。

パンケーキ、一人で食べる?みんなで食べる?

越中からのアプローチの後、食べたかったパンケーキ屋さんに来て、と呼び出されたエイリ。当日、パンケーキ屋に向かうと、そこはエイリのために貸し切られていました。誰もいない状態で、一人でパンケーキを食べるエイリ。夢にまで見たパンケーキでしたが、一人で食べるパンケーキはなんか味気ない。
そのあと、越中から電話がかかってきます。やはり、パンケーキ屋はエイリのために越中が貸し切っていたようです。
今度は、アキバ(藤原竜也)が例のパンケーキ屋の半額クーポンをエイリにあげます。みんなの行列に並んで、待って食べたパンケーキは格別だったようです。苦労して並んだ末にたべられるという隠し味が、パンケーキの味をよりおいしくしていたようですね。

その後も、エイリにアプローチしまくる越中。どういうつもりなんでしょうか?ただの愛人にするつもりなんでしょうか?越中の性格上、そうなんでしょうね。。。

新キャラもちょいちょい出てきました。

新キャラもちょいちょい出てきました。テレビ買収に向けて少しずつ話にかかわってくるのでしょうか?
出てきたのは桜島(モロ師岡)芸能事務所の社長さんで、自分の足でスカウトしてタレントを育てていくという昔ながらのやり方で芸能界を渡って行っている人のようです。タレントを引き連れて自らテレビ局に売り込んだりしているようで、もしかすると、越中・アキバと絡んで何かありそうな予感がしますね。。。さらには、財田(三井善忠)。鋼鉄のグランパと呼ばれており、食事すれば100万円をくれるということで、セレブのパーティに来る女の子たちには、有名な人のようです。

銀座でも暴れるアキバ

いつものセレブのメンツに呼ばれ、銀座で飲むことになったアキバ。
ママや周りの女の子たちが盛り上げようとしても終始つまらなそう。
ママは、途中で席を外し、銀座のクラブから中継でTVに出演しますが、
その撮影場所にアキバが乱入。
『TVもネットも信じるな!自分の頭で考えろ!』
といつものアキバ節を炸裂させます。

感想

今回は、エイリの憧れのパンケーキをネタにも、アキバと越中が対比的に描かれていました。アキバは、パンケーキだけでなく、待っている時間や一緒に待って、やっとの思いで食べられた時の感動も、商品の価値だと思っているのではないでしょうかだから、パンケーキの半額クーポンしか渡さなかった。一方で、越中は、パンケーキそのものの価値にしか目を向けていないことがうかがえます。おそらくアキバ・越中のビジネスに対する考え方も同じなのでしょう。
越中の申し出を受け入れるのか?!エイリは借金があるのですが、それを理由に、申し出をうけるんじゃないかなぁと予測しています。
やっぱ、テンポの良さがいいですね!物語がサクサク進んでいくので見ていて飽きがないというか、気持ちがよいというか。
越中・アキバだけの話だと少し重たくなりそうな、お金・ビジネスが中心のドラマですが、エイリやコウシロウ(杉野遥亮)がいることで良い塩梅でマイルドな雰囲気になっていると思います。