2019冬

【深夜ドラマ・新しい王様】第1話・あらすじ・感想・明るいカイジ?

この記事では、深夜ドラマ・第1話の新しい王様のあらすじ・感想について紹介したいと思います。超豪華メンバーがそろった、2019年冬のおすすめ深夜ドラマの一つです。ぜひチェックしてみてください。

他の深夜ドラマもチェックしたい時はこちらから!

どんな人におすすめ?

・ちょっとポップでスカッとするドラマが見たい方。
藤原竜也カイジばりの名言が聞きたい方。
ナース服の武田玲奈が見たい方(むっちゃかわいいです)

【藤原竜也さんの単独バラエティといえば??】

新しい王様って?

藤原竜也、香川照之、杉野遥亮、武田玲奈、夏菜、八嶋智人、泉里香などなど、深夜ドラマとは思えない超豪華メンバーのそろったドラマです。

物語の核となるのは二人の王様。藤原竜也演じる、「カネの力」や「所有する」ことに対して距離を置き、新しい価値を見つけようとしている自由人・アキバと、香川照之演じるカネやモノや女へのあくなき欲望をストレートに追求するファンド会社代表の越中(えっちゅう)。越中はアキバを焚きつけ、日本の大企業や大手マスコミの買収を次々と仕掛けて大儲けを企み…。アキバと越中の虚々実々の駆け引きや栄光と転落を描く。脚本・演出を手掛けるのは、これまで数々のヒットドラマを世に送り出している山口雅俊。脚本からは社会派の香りが漂うが、明るくテンポの良い爽快さも持ち合わせた演出で、人間の本音や欲望、社会の実情やカネの仕組みに正面から取り組んだゴージャスで知的なエンターテインメントドラマとなっている。

 

公式サイトより引用

脚本・演出の山口さんは、カイジシリーズ”、”闇金ウシジマくんシリーズ”を手掛けている監督さんです。藤原さんと香川さんとは、カイジシリーズで一緒に仕事していて気ごころが知れた仲なのではないでしょうか。今回はカイジシリーズでは、カイジと利根川としてギャンブルした二人ですが、今回はアキバと越中として、テレビ局の買収劇を繰り広げるのでしょう!

あらすじ

アキバ(藤原竜也)は、現在はアプリの開発が主な仕事の自由人として静かな生活を送っています。(作ったアプリを10億でセレブに売るとか、結構凄腕のようです。。。また、セレブの人たちにも一目置かれている様子。)
アキバが住み着いているのは、経営が傾いた人材派遣会社の駆け出し社長・コウシロウ(杉野遥亮)のオフィス。ある日、闇金に追われるナース服姿の女の子・エイリ(武田玲奈)と出会い、コウシロウはラインを交換。闇金に追われ行き場所のないエイリは、コウシロウのオフィスに居つくことに。アキバ、コウシロウ、エイリの奇妙な同居生活が始まります。

一方、越中ファンドの越中(香川照之)は、以前アキバと何かあったようですが、TV出演や、投資の拡大によりファンドの規模を大きく成長させ、カネの力で人を支配し、モノや女への尽きることのない欲望を満たしていました。
まったく異なる二人の生き方はこれからどのように交わっていくのでしょうか。。。

ちょっと考察(ネタばれあり)と感想

物語の最初に、中央テレビで映し出された日本列島の、九州がアフリカ大陸になっています。おそらく、これはアキバが仕掛けた罠で、いずれコレを武器に中央テレビ買収につながっていくんでしょうなぁ。

まだ、第1話が始まったばかりですが、私の印象では、”明るい賭博伝カイジ”っていうイメージですね。全体的な雰囲気は、明るいドラマでテンポよく進みます。ただ、ところどころに名言があって心に響く感じです。成りあがりたい、お金持ちになりたい、セレブになりたいと、パーティに行ってお近づきになろうとするコウシロウ(杉野遥亮)。そんなコウシロウに対して、強いやつに媚びるな!自分の頭で考えて、強いやつにこそ立ち向かえと熱弁したアキバ(藤原竜也)。次回は、どうなるのでしょうか??
コウシロウのキャラが憎めないですね。。。いいキャラしています。コウシロウとアキバコンビvs越中という図式になっていくんでしょうかね~
ナース服の武田玲奈が超かわいいです。家に帰れないらしいから次回もナース服なのだろうか??