ブラックスキャンダル

【ブラックスキャンダル・ドラマ】チェインストーリー第7.5話 あらすじとネタバレ

今回は、ドラマ・ブラックスキャンダルの7.5話、

チェインストーリーをご紹介します。

純矢との婚約が決まった唯菜の心境が初めてわかります。

昔を思い出す唯菜

 

唯菜が初めてドラマでセリフをもらえたときのことを思い出す。

 

練習をひたすら繰り返して、本番に望んだ唯菜に対し

スタッフや監督の評価は冷ややかなものだった。所詮、沙羅のバーターだと言われて

唯菜は、落ち込む。沙羅は、唯菜に鏡を見せる。それが本当に悔しいときの顔よ。忘れないようにね。と、女優の魂を植え付ける。

 

唯菜は、そこから頑張り、自分の力で今の人気女優の地位を勝ち取った。

 

沙羅に対して感謝する気持ちもあるのでしょうが、本当の気持ちはどうなのでしょうか??

そんな唯菜に、

歪んだ感情がありそうですね、愛情?それとも、陰ながら好きだった純矢を取られたことへの嫉妬?そこら編は来週明らかになりそうですね!

 

それでは、現段階での疑問点について考えてみたいと思います。

 

疑問① 結局、社長は何故沙羅を貶めたのか?

 

理由をしゃべってないんですよね?

おそらく、可愛がっていた沙羅を犠牲にしなくてはならないほどの大きな事件なのでしょう。

水谷の事件と絡んでくるのでしょうか?

 

疑問② 水谷が恨んでいるのは誰?

 

水谷の復讐相手は誰なのでしょうか?純矢?亜里沙?唯菜?

もう、人がほとんどいない、、、

おそらく、水谷が入社する前からフローライトにいる人間となると

亜里沙は違いそうですね。

おそらく、純矢か唯菜なのでしょう。

水谷の姉が関わるとなると、純矢と沙羅が付き合う前に恋愛関係にあった。

もしくは、唯菜とドラマの出演を巡ってトラブルがあったなどが考えられそうですね。

 

疑問③ 巻田の持つスキャンダルネタとは??

 

巻田は、亜里沙が沙羅であること、そしてまだスキャンダルネタを持っているようです。

水谷の姉のことなのか、もしくは他の何かなのでしょうか。。。

 

残りの話数も少なくなってきましたが、まだまだ謎なことが多いですね。

来週の放送を楽しみにしましょう!