ブラックスキャンダル

【ブラックスキャンダル】第6.5話・チェインストーリーのあらすじ。

この記事では、ブラックスキャンダル6.5話、チェインストーリーについてご紹介します。
勅使河原社長と芸能2部の長谷川の話です。
創業からフローライトを支えてきた二人の様子が垣間見えます。また、6.5話終了までの疑問についてまとめてみました。

 

勅使河原と長谷川と盆栽

勅使河原社長の盆栽の調子が悪いようなので、長谷川に診てもらっているシーン。長谷川の家は、植木屋さん?この盆栽はフローライト創業した時に、長谷川の父親が社長にプレゼントしたものだった。
フローライト開業当初から、一緒に頑張ってきた2人。いつもは厳しい勅使河原社長も、長谷川には心を許している。水谷とソフィアによる事件後の、フローライトがどうなのか?と長谷川から聞き出しており、現場の事が気になっている様子。
盆栽と、芸能の仕事は似ている、普段から良く観察して気付く事が大事だと。葉や枝の一つ一つに手をかけて樹形を整えていく。美しい樹形となった時の喜びはひとしお。ただ、期待を裏切られた時は切り捨てなくてはならない。(花園のことを回想する。)

 

長谷川が社長の突然の辞任劇について聞く

長谷川と勅使河原社長が創業した時を思い出す二人。ゼロから立ちあげて、昔は楽しかったと思い出す。
 長谷川は、新社長のジョーンDについて話を聞いてみる。今見ている盆栽も向きを変えるとぼろぼろだったりする。今のフローライトと同じだ。不要な枝をバッサリ切る、それが出来るのがジョーンDだと社長は答える。
 社長の真意は、フローライトの力を取り戻す為に、不要なものを切り捨てることなのだろうか??
 

疑問① 出所した水谷とハイヒール

ハイヒールから出てきた写真には、見知らぬ女性。この女性は誰なのでしょうか?家族?恋人?
ソフィアの事件の時に、この女性が倒れているシーンが一瞬回想シーンで出てきました。もしかすると、過去に女性が倒れるような事件に遭遇して、ソフィアを庇ったのも、この女性の時のことを思ってなのかもしれません。
しかし、そんな大事そうなものを会社のデスクの上に置いておくなんて、ちょっと不用心ですよね。

 

疑問② 結局、黒幕は社長??

このまま行くと、順当に社長が黒幕な気がします。もう一捻りあると面白いのですが、、、
その場合は、理由がなんだったのか?に一捻り欲しいところです。今の予想できる理由は、何かを隠す為に、ダミーとしてでっち上げのスキャンダルを立ち上げた。。。とかでしょうか。その隠したかったスキャンダルがとんでもないビッグなスキャンダルだったのとか。まだブラックスキャンダルも2,3話残ってますし、新たな火種、スキャンダルが生み出されるのですかね〜やはり物語には刺激的なスパイス必要だと思います。