ブラックスキャンダル

【ブラックスキャンダル・ドラマ】第5話あらすじネタバレ・亜里沙花園の対決と急展開

ブラックスキャンダル、第5話のあらすじをご紹介します。
ネタバレ情報が含まれております。ご注意ください。
第5話では、亜里沙が花園とチーフの座をかけてCM争奪戦を繰り広げます。
亜里沙は夏恋、花園はソフィアを使ってアピールしていきます。
ソフィアは、花園に唆され、起業家へ枕営業を試みます。しかし、起業家は、異常な性癖の持ち主で、ソフィアの身に危険が迫ります。最終的にフローライトから逮捕者が出てしまう急展開となります。

第4話のあらすじはこちら
第3.5話のあらすじはこちら
第3話のあらすじはこちら

亜里沙と花園、チーフを賭けた戦い!

フローライト社長・勅使河原友和は、「LALAヴィレッジの新CMの仕事をとってきた方を、芸能2部のチーフマネージャーにする」と言う。LALAヴィレッジとは起業家の久保寺が急成長させた会社。CMは久保寺がパーティーで自ら出演者を選ぶのだった。勅使河原は「君たちがそれぞれ今一番推しているタレントを連れていき、CMを取ってきてほしい」と言う。

亜里沙は夏恋、花園はソフィアを推すことに。

亜梨沙は小嶋夏恋を推すことに。花園は推しタレントが見つからず苛立っていた。そこで花園はモデルのソフィアとマネージャーの水谷快人がもめているのに目をつける。ソフィアは家族のために大金を稼ぎたいが、思うような仕事が入らず苛立っていた。花園は、LALAヴィレッジのCMが決まれば収入は何倍にも増えると言って、水谷からソフィアを奪っていく。

クライアントの起業家・久保寺

久保寺のパーティーへ向かう亜梨沙・夏恋、花園・ソフィア。会場ではすでに、久保寺に気に入られたい女性たちが熾烈な争いをしながら、久保寺を囲んでいた。あの手この手でソフィアを推していく花園。こういう場面は、花園さんの方が上手そうですね。
 

久保寺と夏恋

出遅れた亜梨沙も、そこに「花園さん、紹介していただけませんか?」と割り込み、積極的に夏恋を推す。夏恋は控えめだが、久保寺の生け花に関心を示し、花を生ける器まで作った久保寺の心理を見抜く。「君みたいな子は初めてだ」と久保寺は夏恋に興味を持つ。久保寺は、夏恋を会場から連れ出し、自分の部屋に連れて行こうとするが、夏恋の危険を察した亜梨沙がブロック。

ソフィアの枕営業

夏恋に先を越され、焦った花園はソフィアに枕営業を指示する。ソフィアは決心して花園の指示に従う。ソフィアには、亜里沙の操り人形となった巻田健吾の手によって盗聴器が仕掛けられていた。その頃、ソフィアは花園の指示で具合が悪くなったフリをして、久保寺と二人きりで久保寺の部屋へ行く。

久保寺の異常な赤ちゃんプレイ

久保寺は、花園に「何をやってもいい」と言われていた。ソフィアは、久保寺の変態プレイ(赤ちゃんプレイ)にソフィアは驚き、悲鳴をあげて逃げ回る。亜里沙は、巻田からソフィアについて報告を受け、亜梨沙はソフィアのもとへと駆けつける。
その頃、久保寺に迫られバスルームに追い詰められたソフィアは水谷に電話をする。電話を受けた水谷は、ソフィアの「お願い!助けて!」という声に走り出す。


思いがけない事故と、水谷の自首

水谷が駆け付けた時、久保寺はすでに息絶えていた。久保寺は、ソフィアに突き飛ばされて頭を打ったが、打ちどころが悪かったのだ。ソフィアは取り乱すが、水谷は自分が何とかするとソフィアを逃がす。その後、亜梨沙と花園が駆けつける。そして久保寺が血を流して倒れていることに驚愕する。「何があったの?」と尋ねる亜梨沙に、「僕がやりました。自首します」と水谷。そして水谷は亜梨沙の制止も聞かず、自ら110番し「人を殺してしまいました」と伝え、警察へ連行されるのだった。

感想

まさかのとんでもない急展開でしたね。。。
物語も後半戦に入り、勅使河原、唯菜も、きな臭い動きをしています。。
もちろん捕まった水谷はどうなってしまうのでしょうか?
巻田も黙って亜里沙に従ってはいないでしょうね。
来週も目が離せないです。

見逃した動画の再視聴は、Tverで!

見逃したあなた、また放送局の都合でブラックスキャンダルが見られないあなたは、Tverで見ましょう!放送後1週間までは、見逃し動画配信として無料で動画配信されています。それ以降は、dTV、Huluに登録していただければ、今までのエピソード全て見放題で見ることができます。