【天・ドラマ】アカギと天の対決が決着!第4話のあらすじ・見どころ

ドラマ「天 天和通りの快男児」の第4話の

見どころ・あらすじについてご紹介します。

アカギの弱点をつき、天はアカギに勝てるのでしょうか??

第4話のあらすじ

天才的な博才と牌運で、天(岸谷五朗)を圧勝する”伝説の雀神”赤木(吉田栄作)。
一見、成すすべなく敗れた天だが、無敗の雀神・赤木の唯一の弱点に気付く。
それは天衣無縫で大胆不敵な麻雀を打つ赤木の本性である、ただ勝つだけではなくスリルを求める性分。そして、天はその唯一の突破口を付く“鳴き麻雀”で勝負に出る。一気に流れを引き寄せる天だが、どうしてもあと一歩追いつけない。勝負はついたかに見えた最終局、天の執念じみた才気が奇跡を起こす…!

第4話の見どころ・天とアカギの熱い闘い!

天の猛反撃

南場のオーラス
天以外の面子の安い手に振り込む事で
場を終わらせて逃げ切りを図るアカギ。

しかし、天のロンにより、
30000点以上の面子が居なくなり、
西入(延長戦)になります。

アカギは、西入で天より順位が
下がった場合は、勝負を降りる。
と、宣言します。

「俺たちが今とったりとられたりしてるのは
実は点棒じゃねえんだ。
プライドなんだよ。。。」

トータルの勝負では、
勝っているアカギですが
無敗の雀神アカギにとっては
一敗たりともプライドが許さないのです。

アカギの四暗刻地獄待ち・・・・!

西入後、
天は、ツキまくっていて
アカギとの点差を広げていきます。

西場四局オーラス

天とアカギの差は50300点

ツキは完全に天にある状況。
アカギが逆転するには
天に役満を振りませる必要があります。

大三元、国士無双、役満の目が次々と消え、
天は、逃げ切って勝てると考えていました。

場には、四暗刻単騎待ちの
目が残っていますが、それさえ警戒すれば勝てる。

リーチをかけるアカギ。

実はアカギの狙いは、
四暗刻ではありませんでした。

数え役満です。

アカギは天の裏をかくことで、
天に振りこませることに成功。

カンが二つ入っているので
裏ドラは3枚、

「ああ、、、俺のアンコはそこにある」

リーチ、タンヤオ、三暗刻、満貫止まりの役に
さらに裏ドラ2枚で、ドラが6乗ります。
裏ドラ3枚がアンコに乗るとドラ9で数え役満です。

3枚目のドラは、、、

外れ、

数え役満にはなりませんでした。

隣か、、、

と呟き、アカギは去ります。

残った王牌には全て
アカギの裏ドラ9となる
牌が残されていました。。。

ひろゆきと天の別れ

天は、ひろゆきに
まだ、大学を出て真っ当に生きていける。
代打ちはもう辞めろと諭されます。

「巷に悪鬼浮遊せり。悪鬼は骨に集まる。」

骨ってのは麻雀牌の事で、
雀荘にあししげく通えば、悪くて強い奴と
いくらでも出会える。
いつかまた雀荘でな。。。

天とひろゆきの暫しの別れ。
そして、2年後に続きます。

感想・四暗刻地獄待ちに尽きる・・・!

四暗刻地獄待ちやばかったです。
3つ目の裏ドラ開ける時の、
吉田さんの演技がサイコーでした!
今後の東西戦での、打ち筋が楽しみですね!

一旦、天と別れたひろゆき。
この後、東西決戦へと繋がっていきます。