忘却のサチコ

【忘却のサチコ・ドラマ】第3話のカレー・刀削麺の店は?忘却メシとあらすじ・ネタバレも紹介

「忘却のサチコ」、第3話の見どころ、忘却メシについてご紹介します。

今回は、カレーと刀削麺!毎度毎度、夜食が食べたくなるドラマですね。

あらすじ

月刊「さらら」編集部に新人編集部員・小林心一(葉山奨之)が配属されるが、ズバズバと空気の読めない発言を連発するモンスター新人で教育係の大野(重岡獏)ら編集部員たちは手を焼いていた。ついには“妖怪悪気ナシ”という異名が…。
編集長(吹越満)はそんな小林の教育係に幸子(高畑充希)を指名する。小林の屁理屈にも冷静に返す幸子だったが「佐々木さんって恋愛下手そう」と痛いところを突かれ…イライラが止まらない!そんな幸子は街であるワゴンを見つけ、イライラを忘却しようと試みる。
そんな中、幸子は小林と共に大物作家・有村忠雄(大和田伸也)に新作の執筆依頼へ。ひょんな事から恋愛の話になり、またしても俊吾(早乙女太一)を思い出してしまい…!?波乱を巻き起こす新人・小林へのイライラと俊吾へのモヤモヤを吹き飛ばす、激辛グルメとは!?

引用:公式HPより

今回は、新人・小林へのイライラを解消する
激辛忘却メシが2つ出てきました。

なぜか小林が元婚約者との破局劇を知っていたのですが。。。

今後明らかになるのでしょうか??

今回出てきた忘却メシは実際に存在する店舗ですので、ご紹介します

大きめの具がたっぷりスパイシーカレー

移動型屋台で買った美味しそうなカレーは

南インドカレーのお店・MILAN(ミラーン)のカレーです。

大きめの具、トッピングの温泉卵がおいしそうですね!

東京都内をキッチンカーで移動販売されているようです。

店長さんのブログにその日の営業場所・メニューが書いてあります。

あなたのお家や職場近くに来たら是非食べてみてくださいね!

店長さんのブログ
http://blog2.millan.jp

また、路面店もあるようです。

京成本線「お花茶屋」駅より徒歩2分。

住所 東京都葛飾区お花茶屋1-19-8-107
TEL・FAX 03-3838-2718

月~金 11:30~15:00(ランチタイムのみ ラストオーダー14:30)
土のみ 11:30~20:00(ランチタイム 11:30~15:00 ラストオーダー19:30)

気になる方はチェックしてみてくださいね!

陳家私菜の麻辣刀削麺

激辛な麻辣刀削麺は、陳家私菜の麻辣刀削麺です。

新宿、渋谷、有楽町、秋葉原など
都内に多数店舗を構えていらっしゃいます。

おそらく、ドラマで使われたのは新宿店では無いかと思います。

新宿店
住所 東京都渋谷区代々木2-15-9 加瀬ビル1F
電話番号 03-3374-1889
営業時間
月~金 11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~23:30(L.O.22:45)

土・日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~21:30(L.O.21:00)

手打ちで作った元祖・麻辣刀削麺

オーナーシェフの陳さんは

手打ちの刀削麺を日本に広めた第一人者と言われているそうです。

しっかり手作りで作られた麺は、

もちもちした食感と麺自体の美味しさを感じる事ができます。

サチコが頼んだのは、麻辣刀削麺パクチー多め。

ありがとう!中国四千年の歴史!

今回も食欲をそそる忘却メシだらけでしたね!

前回までの忘却メシも紹介していますので

よかったらご覧ください。

第1話の忘却メシ・関西風すき焼きはこちら

第2話の忘却メシ・ふっくらおにぎりはこちら