このマンガがすごい!

【深夜ドラマ・このマンガがすごい!】東出昌大の『龍-RON-』第2話・予想・(ネタバレ有)

マンガ好きもドラマ好きも大注目のドラマ「このマンガがすごい!」

今回は、第2話:東出昌大さんの『龍 -RON- 』に着目してみました。

龍 -RON-とは?

村上もとか先生によって1990年から2006年まで

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて連載された漫画です。

第二次大戦前後の日本を中国を舞台に、

数奇な運命に翻弄されながらも力強く生きていく、

龍とてい、の物語です。

1920年後半、昭和初期から日本が戦争への道を進もうとしている時代。

主人公の押小路龍は、押小路男爵家の跡取りでしたが、

会社経営には興味がなく、得意の剣道の腕で身を立てようと、

日本有数の武道家育成機関・武道専門学校(武専)へ入学します。

武専での剣道漬けの生活、押小路家の女中・田鶴ていとの恋模様を通して、

龍は成長を続けていきます。

やがて龍は、ていと結婚する決意をし、武専を退学し実業家へ転身します。

龍は実業家としての道、ていは銀幕スターへの道を歩んでゆく中、

世界は世界恐慌に端を発する激動の時代へ突入。

その中で龍の出生の秘密や、中国と日本、

そして世界の趨勢に大きな影響を

及ぼすようになってゆくというストーリーです。

 

ここで、東出さんのプロフィールを見てみましょう。

東出昌大さんのプロフィール

特技:

剣道、バスケットボール、サッカー。

出演テレビドラマ

『あまちゃん』(2013年)
『ごちそうさん』(2013年)
『花燃ゆ』(2015年)

映画

『桐島、部活やめるってよ』(2012年)
『寄生獣』(2014年)
『アオハライド』(2014年)
『デスノート Light up the NEW world』(2016年)
『聖の青春』(2016年)

東出さんは、剣道は段位は三段。

お父様が剣道の先生をしていたため、剣道漬けの毎日だったとのことです。

また、大の読書家であり、歴史好きらしく、奥様の杏さんとの

結婚の決め手も歴史好き同士だったのではという噂もあります。

「龍 -RON-」の作者の村上先生の漫画は、

史実に基づいた話に、村上先生のオリジナルの要素を

追加した作品が多いです。

そして、作品の持ち味は、緻密な歴史調査をされたと思われる

詳細な時代背景を読者の興味を惹くストーリーへと

仕上げている部分です。

東出さんも、歴史好き、剣道好きといったところから

この「龍」を気に入られたのかもしれませんね。

 

東出昌大さんの「龍 -RON-」はどうなる??

剣道がお上手ということで、おそらく武専の様子が

実写化される部分ではないかなと予想しています。

果たしてどうなるでしょうか?