このマンガがすごい!

【深夜ドラマ・このマンガがすごい!】第1話(森山未來のうしおととら)のあらすじ・みどころ・感想など

「このマンガがすごい!」が始まりました!

今回は、第1話の内容をダイジェストでお伝えします!

蒼井優さんと、森山未來さんが話している場面。

 

最近、映画にしても、マンガが原作というものが増えてきたことを

話している、蒼井さんと森山さん。

原作があるから安心して見れる反面、

実写化はやめて欲しい、無理だという作品もある。

森山さんの考えだと

マンガは、神の視点で考えて描いているもの

ストーリー・キャラクター・衣装

性格・しゃべる時のアングルなどなど

マンガ家さんのセンスによるものが全てでている。

実写化の難しい所はそういう所ではないのか??

「うしおととら」

特に「うしおととら」のどこが好きという部分には

言及されてませんでしたが

1巻1巻、涙無しには読めないということでした。

森山未來さんが選んだ場面

原作では、11巻〜12巻の内容です。

獣の槍を使って、妖怪を倒していくうしお

しかし、獣の槍には、恐るべき副作用がありました。

獣の槍を使いすぎると、獣の槍に取り込まれて

使い手が、獣になってしまうのです。

 

うしおは強大な妖怪との戦いで

獣の槍の力を最大限に引き出してしまい

そのせいで獣の槍に取り込まれてしまいました。

 

うしおを元に戻す方法は、

うしおに縁がある女性が、うしおの髪をクシでといてあげること。

(このクシは、うしおの為に母が残したものです。)

うしおにお世話になった5人の少女たちが集まってきます。

 

この5人の少女たちのおかげで

うしおは人間に戻ることができました。

 

森山さんは、獣になった直後なら、実写化できそうと判断。

ただ、この場面で重要なのは、5人の少女たち。

 

この5人の女性たちをオーディションで決めることになりました。

(蒼井さんは辞退)

5人の少女のオーディション

数十人の中から5人選ぶオーディションが開催されました。

アイドル、女優、声優、主婦まで、、、プロ・アマ問わずに

年齢も10代から50代に至るまでさまざまな方が参加されています。

オーディションは様々なことが行われました。

特に印象的だったのは

物語の1番大事な部分

うしおと一緒に少女の1人・麻子が

他の4人の女の子を守る為に

うしおにタックルして崖から落ちていく場面を

アドリブでやるというもの。

皆さん思い思いのタックルをやられて

20人以上の人のタックルを受けたそうです。

結果、どうなったのかは、、、

皆さんの目でお確かめください!

https://tver.jp

Tverは放送終了後、1週間は見れますよ!

 

感想

ただ好きなマンガを紹介するだけでなく

マンガをどう表現するのか

表現者として真剣にマンガと向きあってるのが

とても印象的でした。

次回もたのしみですね!