ブラックスキャンダル

【深夜ドラマ・ブラックスキャンダル】あらすじ・キャスト・ネタバレを予想 !主題歌・原作も?

2018年10月4日より、日テレ系で「ブラックスキャンダル」が放送されます。

女優の山口紗弥加さんが、初主演されるということで、

注目を浴びているドラマです。

2017年秋に日テレで放送された「ブラックリベンジ」に続く

”ブラックシリーズ”として、スカッとする復讐劇なのでしょうか?!

放送前にあらすじやキャストについておさらいしておきましょう。

あらすじ

5年前。女優の藤崎紗羅は、根も葉もない不倫スキャンダルの当事者に仕立て上げられ、不本意な偽りの謝罪会見をする羽目となった。 紗羅は世間から激しいバッシングを受けて芸能界を追放され、紗羅の母は、娘のスキャンダルを苦に、焼身自殺で命を絶った…。 そして現在――、全てを失った紗羅は、整形して矢神亜梨沙という別人に姿を変え、偽りの謝罪会見を仕組んだゲス達に、復讐を果たすべく動き出す!

引用:「ブラックスキャンダル」公式HPより(https://www.ytv.co.jp/blackscandal/story/)

う〜ん、おもいっきり復讐劇ですね。それでは、キャストについて

見ていきましょう。

キャスト

芸能事務所「フローライト」

矢神亜梨沙(山口紗弥加)

本ドラマの主人公。
元々は「フローライト」所属の藤崎沙羅という女優だったが、

5年前に身に覚えのない不倫スキャンダルで芸能界から追放される。

やがて、5年前の不倫スキャンダルが仕組まれていたものであることを知ると、

顔を整形し、名前を変えて、自分を嵌めた者たちに復讐するために「フローライト」に潜入する。

勅使河原純矢(安藤政信)


芸能1部チーフマネージャーで亜梨沙の元恋人。

社長の一人息子。結婚を約束していたが、不倫スキャンダルにより破局。

社長の座を継ぐつもりでいたのだが、父の友和からは否定される。

納得行かない純矢は、とある作戦を思いつき、実行計画を立てる。


阿久津唯菜(松井玲奈)


芸能1部に所属する人気女優。

連続ドラマの主演を数多く務め、

CM契約数も10本を誇る。

5年前に亜梨沙の身に起きた不倫スキャンダルが

仕組まれたものであると知り、

亜梨沙にその事実を伝える。

亜梨沙にとって最大の理解者でもある。

唯菜にもこの復讐に加担する別の衝撃の真相があるらしい。

小嶋夏恋(小川紗良)


芸能2部に所属する若手女優。

容姿端麗で女優としての才能は抜群ではあるが、

あと少しのところでチャンスを逃している。

亜梨沙と出会ったことで、これまでの甘い考えを捨て、

女優として生きていく覚悟を決める。

棚城健二郎(波岡一喜)

フローライトに所属していた俳優。

5年前に起きた不倫スキャンダルにおいて、

亜梨沙の不倫相手として祭り上げられた人物である。

1年間の謹慎後、役者として復帰している。

花園由祐子(平岩紙)

芸能2部チーフマネージャー。

亜梨沙の元マネージャーで、

亜梨沙の不倫スキャンダルを捏造した中心人物。

かつては女優のことを第一に考えていたが、

現在ではタレントを売るためならば手段を選ばない強硬派に変化している。

勅使河原友和(片岡鶴太郎)

芸能事務所「フローライト」社長で純矢の父親。

所属タレントに対しては並々ならぬ愛情を注ぎ、

父親のように慕われている存在である。

世間では亜梨沙の不倫スキャンダルを

捏造した元凶であるとされているが、、、

 

 

うーん、みんなめちゃくちゃ怪しいですね。

とりあえず、棚城、花園は謝罪確定でしょう(笑)

放送情報

放送地域

日テレ系列
2018年10月4日(木)
毎週木曜 深夜11時59分 放送

脚 本:佐藤 友治 ほか
監 督:長沼 誠 ほか
音 楽:井筒 昭雄
チーフプロデューサー:岡本 浩一
プロデューサー:福田 浩之、中間 利彦、茂山 佳則(AX-ON)、西 紀州(AX-ON)
制作協力:AX-ON
制作著作:読売テレビ

主題歌:ゲスの極み乙女。「ドグマン」

メンバーは、脚本の佐藤さん、AX−ONさんと

「ブラックリベンジ」の制作スタッフが集まっているようですね。

復讐系ヒューマンドラマはお家芸ですね。楽しみです!

主題歌は、ゲスの極み乙女。ですね。

「ドグマン」=ドグマ+マン(人)の造語でしょうか?

ドグマとは、

キリスト教の教理で”人の救済の為に、神様から示された真理”

という意味があるようですね。

となると、亜里沙のように、

真理を明らかにする人=スキャンダルを暴く人

という意味かもしれませんね。

おわりに

いいですねーゴールデンには放送できない

深夜ドラマ感がプンプンしてたまりませんね!

みんな腹に何か隠してそうな胡散臭くささが良いですね(笑)

本編が始まれば、考察・予想なども行っていきたいと思います。

お楽しみに!