【深夜ドラマ・天】第1話のあらすじを予想(ネタバレ有り)。原作との違いは?

2018年10月3日より、「天 天和通りの快男児」が始まります!

放送に先駆けて、第1話の内容を原作をベースに

予想してみたいと思います。

第1話の予想!(ややネタバレ有り)

第1話は、ひろゆきと天の出会いをベースに、

ひろゆきと天の初対決、そして中西・沢田を含めた4人での対決、

それを通じてひろゆきが天へ尊敬と憧れの気持ちを持つようになり、

段々と裏の麻雀の世界に足を踏み入れていく様子が

描かれるのではないでしょうか。

原作でいうとコミックスの1巻から2巻にかけての内容だと思います。

以下、原作をベースにした予想を書いてみます。

少しネタバレを含んだ予想があります。ご注意ください。

ひろゆきと天の出会い

雀荘で、小遣い稼ぎ・学費稼ぎを目的に

素人さん相手に稼ぎまくるひろゆき。

ここで、代打ちである天と出会う。

終始優勢だったひろゆきであったが、

最後に天が雀荘を停電させる。

停電中にイカサマを仕込み、役満の九蓮宝燈をあがり

ひろゆきは逆転負けする。

沢田に麻雀の才能を見出されるひろゆき

雀荘で偶然知り合った、天とひろゆきは

その後、親交を深めていく。

しかし、ひろゆきは、天の知らない所でヤクザなどとも

賭け麻雀をやるようになった。

昔ながらの任侠ヤクザの沢田は、

ひろゆきの打ち筋に才能を見出し、

裏の世界の代打ちを依頼するようになる。

ひろゆきは徐々に裏の世界へと進んでいくことになる。

天・中西 対 ひろゆき・沢田による麻雀対決

ラーメン屋の店主・中西は、

地上げ屋・丸尾と沢田によって、店の権利を取られそうになっていた。

中西は、天に泣きつき、沢田に対し、麻雀5回戦勝負を挑む。

沢田はひろゆきと一緒に天・中西を迎え撃つ。

最初は、天・中西組が2戦先取。

しかし、ひろゆきは、勝ちに目がくらんだ中西を狙い撃ちにし、

ひろゆき・沢田組が2戦取り返す。

2対2となった最終戦、ひろゆき・沢田組は、

天のイカサマを警戒していた。

沢田は部下を使い、ビルの分電盤、近所の電柱などに見張りを立たせるも

案の定、対戦中に停電が起こってしまった。

ひろゆきは、様々な状況証拠から、

停電中にイカサマをしていないと判断し、

沢田も理由に納得。勝負は続いた。

しかし、天は前回とは違う方法で

イカサマを仕込んでおり、それによってまたもや役満されてしまい、

ひろゆきは天に敗北した。

しかし、ひろゆきは、天の勝負に対する思い、

天の勝ち負けを超えた生き方に触れ、

ますます天に尊敬と憧れの念を抱くのであった。

終わりに

今回は、原作をベースに第1回の内容を予想してみました。

実は、原作では最初の4話くらいは、

父子家庭の女の子と、天・ひろゆきとの心温まるエピソードが

あったりと人情漫画のような流れがあったのですが、

キャスト的に女性が出てきませんから、

スキップされたのだと思います。

おそらく、天とひろゆきの出会い、

戦いがメインとなってくると思います。

この頃の天は、

わざと少し抜けているような麻雀や

行動をとっているような印象で、

この部分は、岸谷五朗さんが得意とされる部分だと思います。

今後、赤木との対戦や

東西戦が進んでいくうちに

どのように変わっていくのかチェックしてみるのも面白そうですね!